沿革

沿革

1917年(大正6年) 富山県伏木町(現 高岡市)に北海電化工業㈱として設立
1918年(大正7年) 伏木工場完成。カーバイト、石灰窒素および硫安の生産開始
1938年(昭和13年) 日本電興㈱が山形県小国町で合金鉄の生産を開始(小国事業所)
1939年(昭和14年) ㈱鐵興社が山形県酒田市で合金鉄の生産を開始(酒田事業所)
1943年(昭和18年) 北海電化工業㈱が合金鉄の生産を開始(高岡事業所)
1951年(昭和26年) 北海電化工業㈱が商号を東化工㈱に改称
1954年(昭和29年) 珪カル(珪酸石灰)肥料およびマンガン肥料の生産を開始
1958年(昭和33年) 日本電興㈱が東芝電興㈱に改称
1962年(昭和37年) 岩手県花巻市の花巻工場にて腐植酸苦土肥料アヅミンの生産を開始
1966年(昭和41年) 岩手県松尾村(現 八幡平市)に日本最初の地熱発電所である松川地熱発電所完成(出力2万kW)
1968年(昭和43年) ㈱鉄興社の合金鉄部門と東芝電興㈱の合金鉄部門が合併し、日本フェロアロイ㈱となる
1969年(昭和44年) 東化工㈱と日本フェロアロイ㈱が合併し、日本重化学工業㈱となる
1970年(昭和45年) 北九州市にフェロクロムを生産する九州工場完成
1972年(昭和47年) 高岡工業所庄川工場に51MVAの大型電気炉完成
1973年(昭和48年) 高岡工業所伏木工場の合金鉄生産停止
1975年(昭和50年) 東北重化学工業㈱(旧東北振興化学㈱)を吸収合併し、南岩手工場(岩手県和賀町)、伊達工場(福島県伊達町)とする
1978年(昭和53年) 東北電力㈱と共同で岩手県雫石町に葛根田地熱発電所完成(出力5万kW)
1981年(昭和56年) 高岡工業所に電解二酸化マンガン工場完成
1982年(昭和57年) 北海道電力㈱と共同で北海道森町に森地熱発電所完成(出力5万kW)
1984年(昭和59年) 山形県小国町に玉川水力発電所完成(出力1万kW)
1986年(昭和61年) ニューヨーク事務所開設
1987年(昭和62年) 酒田事業所の合金鉄生産停止
1988年(昭和63年) 酒田事業所にマンガン系フェライト工場完成
茨城県つくば市に筑波研究所完成、中央研究所(群馬県大間々町)を筑波研究所に1990年に統合
1992年(平成4年) 小国工場に水素吸蔵合金生産工場完成
1993年(平成5年) 米国ノースカロライナ州にJMC(USA)を設立し、高純度クロムの生産開始
1994年(平成6年) 南岩手工場の高純度特殊フェロシリコンをブラジルに設立したJ/V会社、SILBASA社にて生産開始
1995年(平成7年) 南岩手工場にディーゼル発電所完成
1996年(平成 8年) 中国湖南省に電解二酸化マンガンの合弁会社 湖南新日重化有限公司を設立
1997年(平成9年) 高岡工場にリチウムマンガン生産設備完成
1998年(平成10年) 高岡工場のフェロマンガン生産を停止し、一部を南アフリカに設立したJ/V会社、Advalloy社で生産開始
九州工場のフェロクロム生産を停止し、アフリカ・ジンバブエに設立したJ/V会社、AFA社で生産開始
2001年(平成13年) 中国珠海市に中国事務所設立
2002年(平成14年) 東京地方裁判所に会社更生手続き開始を申立  (平成18年終結)
2003年(平成15年) リチウムマンガン生産設備を日本電工㈱(現 新日本電工㈱)に譲渡
花巻工場など肥料事業を電気化学工業㈱(現 デンカ㈱)に譲渡
資本金100%減資と新資本金払込(資本金68億円から77百万円へ)
松川、葛根田の地熱事業及び東北の水力発電事業を東北水力地熱㈱(現 東北自然エネルギー㈱)に譲渡
2004年(平成16年) 北海道森町の地熱事業を北海道電力㈱に譲渡
2005年(平成17年) 高岡事業所でメタル担体の生産を開始
2007年(平成19年) 資本金1億円に増資
2008年(平成20年) 高岡事業所の環境事業を子会社 日重環境㈱を設立し移管
2011年(平成23年) 海外合金鉄メーカーのBOZEL BRASIL S.A.社(ブラジル)と BOZEL EUROPE S.A.S社(フランス)を買収し、両社を完全子会社化
2012年(平成24年) ニッケル水素電池からレアアースを回収するリサイクル事業開始
2013年(平成25年) 福島県伊達市に伊達ソーラー発電所完成

ページの先頭へ