会社情報

3つの視点で未来へつなぐ、モノづくり。

私たち日本重化学工業(JMC)は、1917年(大正6年)富山県伏木町(現高岡市)に設立した北海電化工業をルーツとし、その後多くの事業統合・合併を経て、現在に至っています。
当社の創業以来の柱である「合金鉄(フェロアロイ)事業」は、高岡事業所、ブラジル、フランスを生産拠点として、鉄鋼生産において欠くことのできない副原料である、合金鉄の製造・販売を行なっています。
その合金鉄事業で培われた技術は、「機能材料事業」に引き継がれ、小国事業所、酒田事業所を生産拠点とした、電池用の水素吸蔵合金、高純度金属、フェライト仮焼粉、セラミックス等、多くの製品の製造・販売を行なっています。
もう一つの柱である「エネルギー事業」は、日本初となる地熱発電所を完成させた、地熱開発のパイオニアとしての豊富な実績をもとに、現在も国内、国外を問わず、多くの地熱発電開発事業に携わっています。
私たちは、確かな視点と技術を活かし、未来を見据えた高品質のモノづくりを通じて、社会に貢献してまいります。

ページの先頭へ